六日町温泉とは

歴史

昭和32年秋、天然ガスの試掘中突如、田んぼの真ん中に豊富な温泉が噴出しました。 当初は農家の方などが作業のあとに入るくらいの簡単な施設でした。「疲れがとれる」と、とても評判がよかったそうです。 豊富なお湯を何とか役にたたせようと、先人達の努力により現在の六日町温泉が誕生しました。 六日町温泉は、温泉の効能が顕著でなければ与えられない国民保養温泉地に指定されています。

六日町温泉の泉質と効能

六日町温泉は2つの泉質が楽しめます。

【1】
  • 泉質:ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉 pH7.6)
  • 泉温:52.9℃
  • 湧出量:毎分1450リットル
  • 適応症:きりきず、末梢循環障害、うつ状態、皮膚乾燥症、冷え性

なめると少し塩味がします。塩の成分で湯冷めしにくく、殺菌効果で傷に効く温泉です。

【2】
  • 泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉 pH8.0)
  • 泉温:58.6℃
  • 湧出量:毎分530リットル
  • 適応症:自律神経不安定症、不眠症、うつ状態

刺激が少なく、家族みんなで楽しめる温泉です。


「低張性弱アルカリ性高温泉」は、古い角質層の新陳代謝を促進するため、肌のくすみをとり、つるつるにしてくれる「美肌の湯」です。

足湯

六日町温泉を足湯で気軽に楽しむことができます!地図の中の温泉マークの場所をチェックしてください。

こちらからGoogleMapへ移動します≫

六日町温泉旅館一覧

六日町温泉の魅力的な10の旅館をご紹介いたします。

六日町温泉旅館一覧

六日町温泉開湯60周年記念ロゴについて

六日町温泉開湯60周年を記念し、南魚沼市内の小中学生から記念ロゴマークを募集。1177通もの応募がありました。市内小中学生の皆さん、ありがとうございました!
応募の中から、審査員の厳正な審査の結果、南魚沼市立城内小学校の大塚湖奈さんの作品を、開湯60周年記念ロゴマークに決定いたしました!